Finshing game 「ウキウキ釣り天国」 RFS−釣りロジックの解説

釣りゲーム「ウキウキ釣り天国」シリーズは、『釣りロジック』の概念をもとに様々な項目がデータ化され、シミュレーションが行われています。
私たちは、これをRFS(Real Fishing Simulator/リアル・フィッシング・シミュレータ)と名付け、「ウキウキ釣り天国」シリーズに反映させてきました。
自然は奥深い!! 釣りもまた然り!! 「ウキウキ釣り天国」もまた…?!
釣りの重要な要素「釣り場環境」「魚の生態」「タックル」「アクション」
自然は奥深く、それを推し量ることなど到底できるものではありません。
釣りの醍醐味、奥深さもそんなところにあるのかもしれません。
そこで私たちはまず、釣りとは何なのかを追求することから始めました。
左図のように、釣りの重要な要素である「釣り場環境」「魚の生態」「タックル」「アクション」の相互関係をいかに機能させるかを、私たちは『釣りロジック』と呼んでいます。
「ウキウキ釣り天国」シリーズでは、『釣りロジック』の概念をもとに以下の様々な項目がデータ化さ れ、シミュレーションが行われています。
釣り場環境
海底の水深地形はもちろん、底質(砂や岩等)や地形特性(沈み根や捨て石等)等もデータとして用意されています。また、月日や時間による天候、潮、干満、波の高さ等も環境特性としてデータ化されています。したがって、常に一番釣りに適した“ポイント”を探ることが必要になります。
魚の生態
魚種やサイズごとにタナやエサの嗜好性等が、釣り場環境に応じてデータ化されています。魚の食いが一番いい“時合い”を見逃さないことが釣果に大きく影響してきます。
タックル
仕掛けやエサの種類が様々あり、それぞれ特性がデータ化されています。それらはまた、様々に組み合わせて使用することができます。
釣り場環境、魚の生態に“適したタックル”を選択し使用することが重要になります。
アクション
竿の操作やリーリング、ドラグ調節等様々なアクションを行うことができます。釣り場環境、魚の生態、タックルに応じて、魚との“やりとり”を行わなければなりません。
これがRFS(Real Fishing Simulator/リアル・フィッシング・シミュレータ)であり、「ウキウキ釣り天国」シリーズです。
このような各項目にわたって様々なデータ化がなされているわけですが、 最も重要なことは、これらがそれぞれどう関係しているのかということです。
自然の摂理を完璧に理解することは、まず不可能でしょう。 しかし、ひとつひとつ仕組みを発見し、解き明かしていくことが、自然を理解し、 釣りを理解し、釣りゲームを理解していくことになると私たちは信じています。
リアルな釣りゲームをめざして
釣りゲーム「ウキウキ釣り天国」シリーズは、この『釣りロジック』の概念をもとにRFS(Real Fishing Simulator/リアル・フィッシング・シミュレータ)により、様々な釣りシミュレーションが行われています。それが、リアルな釣りゲームと言われる由縁なのかもしれません。
釣りをもっと知りたい。理解したい。近づきたい。挑戦したい。 「ウキウキ釣り天国」シリーズは、そんな私たちの願いをテーマに、日々進歩を続けています。 ぜひ、その喜びを私たちと共に感じてみてください。
前のページにもどるこのページのトップに戻る